業者修理依頼の注意点

Posted on 2018.7.9 By

トイレ水のトラブルは意外に多く、一軒家の場合排水管の詰まりや給水管などからの水漏れが多いといえます。集合住宅の場合、水漏れを起こしてしまうと、下の階の住人に多大な迷惑をかけることになる場合があります。賠償問題にも発展しかねませんので、こうしたトラブルは速やかに解決する必要があります。トイレ以外にも、水に関するトラブルは比較的多く、水漏れや配管の詰まりなどといった原因で、こうした水道工事業者依頼する場合があります

非指定業者の場合、甘い宣伝文句をうたっている場合も多く、結果手抜き工事や様々な手数料で、高額な請求を受けるといったトラブルも少なくありません。水道工事などを行う場合、給水元の自治体に所属する正規の水道局指定工事店に依頼することで、確実に依頼を遂行することができます。自治体の指定する水道局指定工事店は、正規の手続きを行っていますのでその技術力は確かで、確実にトイレのトラブルを解決することができるでしょう。

ちなみに、トイレのつまりトラブル対応業者「水道救急センター」のホームページにはハッキリと水道局指定店ですと記載がありました。こうした正規の水道局指定工事店の場合、自社のホームページなどにしっかりと記載されていることが多いです。業者を探す時の参考にしてみて下さい。

業者修理を頼むときの注意点は、緊急の場合以外はいくつかの専門業者に、見積もりを行うことです。当然ですが、指定給水装置工事事業者に依頼することはもちろん、原因も特定しておく必要があります。また、配管による悪臭問題や水回りのリフォームなどにも、幅広く対応してくれる業者もあります。

未分類


水道局指定工事店

Posted on 2018.7.2 By

水道局指定工事店とは、その地域にある自治体のお墨付きを受けた水道工事会社で、その管理は上下水道を管理する水道局や水道課となっています。水道法では、こうした業者に対する規定があり、指定給水装置工事事業者として、各自治体の指定を受けていなければ、水道工事の施工を行うことはできなくなっています

業者仮に、非指定業者に工事を依頼し、施工を行ってしまった場合、各自治体でその対処法は異なります。最悪依頼者の自宅の給水が止められてしまったりする場合もありますので、必ず水道局指定工事業者に依頼しておく必要があります。水道局は、自治体である地方公共団体が運営し、上水道の供給を掌握していますが、各地域の自治体によって下水道を兼任している場合も多く、都市ガス事業や交通事業などを兼任している場合もあります。

自宅に設置する配管から水漏れが生じている場合、専門の水道局指定工事店に工事を依頼することになりますが、水道メーターから外部の水漏れの場合、水道局などの管轄となります。水道局などが管理する水源は、主に地元の河川や湖などから浄水場や排水所に運ばれ、飲料に適した水にしたうえで安全に管理し、各家庭に給水されることになります。

未分類


トイレのつまりの対処

Posted on 2018.7.1 By

トイレのつまりの原因は、トイレの老朽化による原因など、いずれにせよ部屋に住む住人たちがその原因を作り出していることが多いです。近ごろのトイレでは、節水を名目に、わざと水道もとを調節したり、ペットボトルをトイレのタンクに入れたりと、水の流れを調整するといった方を見かけます。しかし、あまりに水の流れを少なくしてしまうと、配管の途中で汚物がたまり、トイレ詰まりの原因ともなり兼ねないのです。

ペットボトルまた、トイレタンクなどにペットボトルなどを入れている場合、中にある鎖が外れたり、浮ゴムや浮き玉に触れてしまったりすると、水が流しっぱなしになるといった状態に陥る場合もあります。トイレが詰まってしまった場合、まずその原因を特定することも大切です。詰まっているのに無理に水を流してしまうと、便器から汚水があふれ出し、最悪の結果をまねく場合もありますので、気をつけなければなりません。トイレ詰まりの原因が、ティッシュなどの紙の場合なら、しばらく放置することで解決するケースもあります。

ティッシュは、紙ですが水に非常に溶けにくく、トイレに流すことは禁じられています。しかし時間が経つことによってゆっくりと溶けて行き、つまりが取れる場合があります。最近では、ペットのトイレ用品に、トイレに流せる紙砂などが売られていますが、流してはいけないタイプもあるので気をつけなければなりません。トイレ詰まり用品には、ゴム製のラバーカップがあります。つまりの原因がトイレットペーパーや排泄物であれば、熱いお湯を流すことで流れが改善する場合もあります。どうしてもつまりが改善しない場合は業者に依頼する方法も良いでしょう。

未分類