トイレのつまりの対処

Posted on 2018.7.1 By

トイレのつまりの原因は、トイレの老朽化による原因など、いずれにせよ部屋に住む住人たちがその原因を作り出していることが多いです。近ごろのトイレでは、節水を名目に、わざと水道もとを調節したり、ペットボトルをトイレのタンクに入れたりと、水の流れを調整するといった方を見かけます。しかし、あまりに水の流れを少なくしてしまうと、配管の途中で汚物がたまり、トイレ詰まりの原因ともなり兼ねないのです。

ペットボトルまた、トイレタンクなどにペットボトルなどを入れている場合、中にある鎖が外れたり、浮ゴムや浮き玉に触れてしまったりすると、水が流しっぱなしになるといった状態に陥る場合もあります。トイレが詰まってしまった場合、まずその原因を特定することも大切です。詰まっているのに無理に水を流してしまうと、便器から汚水があふれ出し、最悪の結果をまねく場合もありますので、気をつけなければなりません。トイレ詰まりの原因が、ティッシュなどの紙の場合なら、しばらく放置することで解決するケースもあります。

ティッシュは、紙ですが水に非常に溶けにくく、トイレに流すことは禁じられています。しかし時間が経つことによってゆっくりと溶けて行き、つまりが取れる場合があります。最近では、ペットのトイレ用品に、トイレに流せる紙砂などが売られていますが、流してはいけないタイプもあるので気をつけなければなりません。トイレ詰まり用品には、ゴム製のラバーカップがあります。つまりの原因がトイレットペーパーや排泄物であれば、熱いお湯を流すことで流れが改善する場合もあります。どうしてもつまりが改善しない場合は業者に依頼する方法も良いでしょう。

未分類