水道局指定工事店

Posted on 2018.7.2 By

水道局指定工事店とは、その地域にある自治体のお墨付きを受けた水道工事会社で、その管理は上下水道を管理する水道局や水道課となっています。水道法では、こうした業者に対する規定があり、指定給水装置工事事業者として、各自治体の指定を受けていなければ、水道工事の施工を行うことはできなくなっています

業者仮に、非指定業者に工事を依頼し、施工を行ってしまった場合、各自治体でその対処法は異なります。最悪依頼者の自宅の給水が止められてしまったりする場合もありますので、必ず水道局指定工事業者に依頼しておく必要があります。水道局は、自治体である地方公共団体が運営し、上水道の供給を掌握していますが、各地域の自治体によって下水道を兼任している場合も多く、都市ガス事業や交通事業などを兼任している場合もあります。

自宅に設置する配管から水漏れが生じている場合、専門の水道局指定工事店に工事を依頼することになりますが、水道メーターから外部の水漏れの場合、水道局などの管轄となります。水道局などが管理する水源は、主に地元の河川や湖などから浄水場や排水所に運ばれ、飲料に適した水にしたうえで安全に管理し、各家庭に給水されることになります。

未分類